【恋愛映画・洋画】『ワン・デイ 23年のラブストーリー』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・洋画】『ワン・デイ 23年のラブストーリー』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』は、2011年に公開されたアメリカ映画。ヨーロッパ各国で大ヒットしたデイヴィッド・ニコルズの同名の小説を『オーシャンズ8』のアン・ハサウェイ主演で映画化。互いに惹かれ合いながらも、親友でいることを選んだ一組の男女の、23年に渡る7月15日を切り取った定点観測による移り変わりを描いたラブストーリー。監督は、『人生はシネマティック!』のロネ・シェルフィグ。共演は、『ジオストーム』のジム・スタージェス。主題歌の『Good Life 』もおススメだ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1988年7月15日。大学の卒業式に出席した真面目な女子学生のエマ(アン・ハサウェイ)と自由奔放な男子学生のデクスター(ジム・スタージェス)は、初めて言葉を交わすことになる。互いにこれからの人生について語り合ったふたりは、大いに盛り上がり意気投合をする。以前から顔を見かけ、デクスターに興味を抱いていたエマは、盛り上がった勢いでデクスターの家に行ったものの、マジメな性格のエマの申し出もあって、ふたりは、互いに魅かれるものを感じながらも、男女の関係に発展させるのではなく、親友としての関係を続けることを選んだ。
 
 1989年7月15日。エマは、ロンドン暮らしを始め、作家を目指しながらレストランで働く日々を送っている中、彼女の店にコメディアンをしているイアン(レイフ・スポール)が訪れ、ふたりは出会うことになる。一方、講師をしていたデクスターは、彼に想いを寄せる生徒と関係を持っていた。
 
 1992年7月15日。レストランでマネージャーに抜擢されたエマの下に、テレビ業界の仕事を始め、順調に成果を上げていたデクスターがやってきて、休息が必要だと言って彼女を旅行に誘った。そこで、親友の関係を維持するためのいくつかの決まり事を決めて二人だけの旅行に行ったエマとデクスターは、一線を越えないまでも、まるで恋人のようなひと時を過ごした。
 
 1994年7月15日。この時、エマはイアンとの同棲生活を始めていた。一方、それまでテレビでの仕事が順調に生き、仕事にプライベートにと忙しい日々を送っていたデクスターであったが、同時に母親を失ったショックに打ちひしがれて荒んだ生活をしていた。何度か電話でデクスターを励ましたエマであったが、久しぶりに会うことにした彼女は、かつての面影を失い、ひどい言葉を放つデクスターに激怒し、しばらく彼と会わないことを決意する。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「君にひとつだけプレゼントするなら何だと思う?それは自信だ。」by デクスター

 これはデクスターが小説家を目指すエマに向けて送った言葉だ。自分に自信を持てない女子たちは多い。それはしっかりと言葉にして褒めない恥ずかしがり屋の男子たちにも責任があるといえるだろう。良いところはどんどん褒めて彼女たちに自信を持ってもらう。恋をする男子の大切な役割の一つだということを心しておきたい。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 ロネ・シェルフィグ
 

【出演俳優】

 アン・ハサウェイ
 ジム・スタージェス
 パトリシア・クラークソン
 ケン・ストット
 ロモーラ・ガライ
 レイフ・スポール
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ワン・デイ 23年のラブストーリー★【fmovies】
 
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が"We are sorry!"や"Video embed restricted for this domain"、"Sorry!"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
●【clipwatch】の動画は、中央の再生ボタン(表示されない場合には広告の右上にある小さな「×」をクリックして消してから)を我慢強く何度かクリックしていると、動画の再生が始まるよ。
● 再生ボタンを押すと関係ない動画が再生される場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編の動画が表示されることが多いよ!
● adblockで動画が表示されない場合には、adblockを停止してからブラウザを更新するか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・わ行 恋愛映画・洋画

この記事に関連する記事一覧