【恋愛映画・洋画】『ザ・エージェント』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・洋画】『ザ・エージェント』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ザ・エージェント』は、1996年に公開されたアメリカ映画。スポーツ選手の契約の代理交渉を行うスポーツ・エージェントをしているひとりの男が、理想を追い求めたことで挫折のどん底へと落ちながらも、愛する人と出会い、大切なものに気づいていく姿を描いたハートフルなラブストーリー。監督は『幸せへのキセキ』のキャメロン・クロウ。主演は『ミッション:インポッシブル』シリーズのトム・クルーズと『ブリジット・ジョーンズの日記』でお馴染みのレニー・ゼルウィガー。共演は、『大統領の執事の涙』のキューバ・グッディングJr.、『ロビイストの陰謀』のケリー・プレストン、『グリーンマイル』のボニー・ハント、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 スポーツ選手の契約の代理交渉を行うスポーツ・エージェントのジェリー(トム・クルーズ)は、全米№1の規模を誇るエージェント会社SMIの売れっ子エージェントであった。そんな彼は、ある日、これまでの自分と会社が行ってきた方針に疑問を持つようになる。自分と契約をする選手がケガをしたことをきっかけとして、自らの高額な報酬と引き換えに、選手に無理をさせ、選手生命を縮めてきたことを目の当たりにして、現状は、自分がエージェントになったころの理想の姿にほど遠いことを痛感したのである。
 
 この夜、自宅に戻ったジェリーは、自分が抱えていた熱い想いをPCに打ち込み、企画書を作り上げると、翌朝1番で会社の皆に配布した。しかし、ジェリーの企画書は、会社の売り上げを大きく損ないかねないと深刻視した会社は、あっさりと彼の解雇を決定した。そして組織を失った彼は、元同僚のボブ(ジェイ・モーア)にこれまで彼が担ってきたエージェントの座をごっそりと奪われ、唯一残ったのは、アメフト選手のロッド(キューバ・グッディングJr.)のみであった。ジェリーが会社を去ろうとしたとき、彼は元同僚たちに向かって、「僕(の理想)についてくる者は!?」と問いかけた。しかし、これに応じたのは、5歳の息子を抱えたシングルマザーの会計事務員ドロシー(レニー・ゼルウィガー)だけだった。
 
 その後、自ら事務所を立ち上げたジェリーであったが、恋人でフットボールリーグの広報担当をしているエヴリー(ケリー・プレストン)に尻を叩かれて、大学フットボールリーグの花形選手であるフランク(ジェリー・オコネル)の獲得に奔走するが、組織を持たない彼は、ロッドの売り込みをしている間に、ボブに奪われてしまう。すると、これを知ったエヴリーは、ジェリーを負け犬呼ばわりをして、彼の下から去ってしまう。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「愛してるよ、君は僕を完成させるんだ。」by ジェリー

 これは終盤のシーンでジェリーが言ったセリフだ。「喜びを分かち合いたいときにこれを分かち合える人がいないのは非情にさみしい。心から成功の喜びを分かち合えるパートナーは君なんだ。」という意味である。ダイレクトではないが、意味を理解してもらえれば、かなり効果のある言葉だ。恥ずかしがり屋の多い日本男子たちも、これくらいの言葉は、ぜひ用意しておきたいものである。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 キャメロン・クロウ
 

【出演俳優】

 トム・クルーズ
 キューバ・グッディング・ジュニア
 ボニー・ハント
 ボー・ブリッジス
 ジョナサン・リブニック
 レニー・ゼルウィガー
 ケリー・プレストン
 ジェイ・モーア
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ザ・エージェント★【fmovies】
 
【字幕・gyao】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

●【gyao】の動画は2018年9月1日までの期間限定だよ!見逃していた人はお早めに見てね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・さ行 恋愛映画・洋画

この記事に関連する記事一覧