【恋愛映画・洋画】『リリーのすべて』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・洋画】『リリーのすべて』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2016年に公開されたイギリス・アメリカ・ドイツ映画。世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベと、妻の半生を描いた実話。『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメイン×『エクス・マキナ』のアリシア・ヴィカンダー主演で贈る、愛と感動のヒューマン・ドラマ。監督は『英国王のスピーチ』のトム・フーパー。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1926年。デンマークのコペンハーゲンに暮らすアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)と妻のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)。二人は、画家として幸せな日々の中にいた。そんなある日、アイナーはゲルダの肖像画モデルを務めることになった。女性に扮し妻の前に座る夫。その時アイナーは、自ら中に眠っていた女性の人格が覚醒するのを感じていた。妻は女装した夫を"リリー"と呼び、街へ連れ出した。
 
 リリーは、パーティ会場でヘンリク(ベン・ウィショー)という男に出会い恋に落ちる。彼らのキスを目撃したゲルダは、私の前にいる時は男でいてと願うが、リリーとヘンリクは密会を続けた。やがて、ゲルダの描いたリリーの肖像画が評価を得るようになる。そのためにリリーでいる時間が増えたアイナーは、完全に心のバランスが失っていた。しかし、医師は単純な精神疾患だと診断する。
 
 リリーの肖像画は飛ぶように売れ、二人はパリへと移住した。何もせずふさぎ込むアイナーのために、彼の幼馴染みである画商・ハンス(マティアス・スーナールツ)に、今までの経緯を告白するゲルダ。ハンスはパリの医師を紹介するが、やはり精神疾患と言われるばがり。そんなある日、アイナーは「あなたは病気ではない!」というヴァルネクロス医師(セバスチャン・コッホ)に巡りあう。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「これほどの愛に、わたしは値しない。」by アイナー=リリー

 夫を女性と認めるということは愛を失うこと。そして、リリーを否定することも愛を失うこと。ゲルダは夫であるアイナーと決別し、リリーを支え続けた。その愛に応えられないアイナー=リリーの台詞がこれ。ゲルダは究極の女神だ。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 トム・フーパー
 

【出演俳優】

 エディ・レッドメイン
 アリシア・ヴィキャンデル
 マティアス・スーナールツ
 ベン・ウィショー
 アンバー・ハード
 セバスチャン・コッホ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★リリーのすべて★【gostream】
★リリーのすべて★【sockshare】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 リンク先が"We are sorry!"と表示される場合には、新たにウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックをして、「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・ら行 恋愛映画・洋画

この記事に関連する記事一覧