【恋愛映画・邦画】『虹の女神 Rainbow Song』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・邦画】『虹の女神 Rainbow Song』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2006年に公開された日本映画。学生時代から親友のような関係を築いてきた男女。そして彼女の死。残された彼は!?市原隼人×上野樹里&蒼井優で贈る、号泣ラブ・ストーリー。監督は『君に届け』の熊澤尚人。『リリイ・シュシュのすべて』の岩井俊二が、初のプロデュースに挑んだ記念すべき作品。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 映像制作会社で勤務する岸田智也(市原隼人)。ある朝、彼は不思議な虹を見てアメリカにいる親友・佐藤あおい(上野樹里)を思い出す。その後、智也は彼女が飛行機事故で亡くなったことを知る…。
 
 二人は大学時代に出会った。それは智也があおいに頼んだ恋のキューピット役がきっかけだった。映画研究会に所属するあおいは、そんな智也を自らが監督を務める『THE END OF THE WORLD』の主役に抜擢。これを機に二人の関係は親密になっていく。
 
 大学を卒業したあおいは、映像制作会社に入社。上司の樋口(佐々木蔵之介)の下で様々な経験を積む。一方の智也は就職浪人としてバイト暮らしをしていたが、あおいの紹介で、彼女と共に働くことになった。そして、あおいは映像を学ぼうと渡米し、事故で亡くなった。
 
 告別式に参列した智也は、会社に残っているあおいの私物を家族へと届けた。そこで彼は、あおいの妹・かな(蒼井優)に姉の遺品を譲ると言われ、その中にあった一通の手紙を見つける。それは…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「自分の夢のためにアメリカに行く。失恋したし。」by あおい

 ここで気付けよ、ミスター鈍感=岸田智也。だけど、大概の男子は気付けない。そう、余りにも近い関係にあると誰もがミスター鈍感になってしまうんだ。だから女子たち、彼女のような場面に遭遇したら、○○に失恋したと明言しよう。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 熊澤尚人
 

【出演俳優】

 市原隼人
 上野樹里
 蒼井優
 酒井若菜
 鈴木亜美
 尾上寛之
 田中圭
 相田翔子
 小日向文世
 佐々木蔵之介
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★虹の女神★【tudou】
★虹の女神★【pandora】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 いずれの動画も冒頭に強制広告が入るけど、少しガマンしてね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・な行 恋愛映画・邦画

この記事に関連する記事一覧