【恋愛映画・邦画】『東京タワー』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・邦画】『東京タワー』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『東京タワー』は、2004年に公開された日本映画。江國香織の同名の原作をもとにして、年上の人妻との恋に落ちたふたりの青年のそれぞれの愛の行方を描いた純愛ラブ・ストーリー。監督は『失われた約束』の源孝志。出演は『阿修羅のごとく』の黒木瞳と『Johnny's Film Festa 2004』の岡田准一、『クイール』の寺島しのぶと『Johnny's Film Festa 2004』の松本潤、他。山下達郎が歌う主題歌もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 21歳になる大学生の小島透(岡田准一)は、東京・青山のブティック街でセレクトショップを経営する41歳の人妻である浅野詩史(黒木瞳)と3年前に恋に落ちた。そんなふたりは、互いの放つ空気に惹かれ合い、年の差や立場を越え、逢瀬を重ねていた。ある日、詩史は透とのひと時を過ごすため、詩史が所有している別荘へと彼を誘い、甘いひと時を過ごしていた。しかし、そこに、来るはずのなかった彼女の夫(岸谷五朗)が現れる。
 
 その後、ふたりの関係は、詩史のみならず、透の母親である陽子(余貴美子)にも知れることとなり、透に対し、詩史は冷たい言葉で別れを告げる。
 
 一方、透の高校のクラスメイトであった大原耕二(松本潤)も、由利という同世代の恋人(加藤ローサ)がいながら、年上で人妻でもある川野喜美子と逢瀬を重ねていた。しかし、耕二は、家庭内で抱える不満が爆発し、感情を抑えられなくなる言動を繰り返す喜美子を、しだいに持て余すようになっていた。
 
 そんな中、高校時代に彼が、母親と男女の関係になったことで、家庭崩壊にまで至った、クラスメイトの吉田(平山綾)が耕二に接近してくる。三人の女性の間で立ち行かない状況に陥った耕二は、ついに彼女たちとの別れを決意する。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「きっと恋はするものじゃなくて、落ちるものなんだ。」by小島透

 これは恋愛の核心をついた素晴らしい言葉だ。男子と女子は計算して恋をするものではない。いつの間にか恋に落ちるのだ。男子&女子諸君、運命の恋を探しに街に繰り出そうではないか。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 源孝志
 

【出演俳優】

 黒木瞳
 岡田准一
 松本潤
 寺島しのぶ
 余貴美子
 岸谷五朗
 平山綾
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★東京タワー★【veoh】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 【veoh】は、18歳以上限定になっているよ!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・た行 恋愛映画・邦画

この記事に関連する記事一覧