【恋愛映画・邦画】『世界の中心で、愛をさけぶ』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・邦画】『世界の中心で、愛をさけぶ』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2004年に公開された日本映画。片山恭一のベストセラー小説にオリジナル・ストーリーを付け加えて映画化。大沢たかお、柴崎コウ、長澤まさみ、森山未來等で贈る、永遠不滅の純愛映画。監督は『今度は愛妻家』の行定勲。涙を誘う主題歌は、平井堅の『瞳をとじて』。長澤まさみは、この年の映画賞で新人賞を独占した。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 2003年。松本朔太郎(大沢たかお)の婚約者である律子(柴咲コウ)。引越しの準備を進める彼女が、荷物の中から見つけたカセットテープを持ち失踪した。律子はテープに録音された少女の声を聞くと、喧騒の中で涙を流した。一方、律子の行方を捜す朔太郎は、台風を報道するニュース番組の中で、偶然に映りこんでいた律子を見つける。そこは朔太郎の生まれ故郷である、四国の木庭子町。そしてその町は、高校時代の初恋の人・廣瀬亜紀(長澤まさみ)過ごした思い出の町だった…。
 
 1986年。陸上部に所属する亜紀は、学校のアイドル的存在だった。帰宅部だった朔太郎(森山未來)も、亜紀の大ファンだった。そんな二人が、あるラジオ番組やウォークマンの話題を通して急接近。さらに、朔太郎が作り話を書いたハガキを投稿したことで、二人はカセットテープによる交換日記を始めた。ところが亜紀は白血病で倒れ、辛くて長い闘病生活を強いられてしまう。そして、時間と共に衰弱していく亜紀を見守ることしか出来ない朔太郎は、彼女が憧れる場所、オーストラリアのウルルへ連れて行こうと決意する。ところが…!?
 
 2003年。朔太郎と亜紀の思い出の写真館から、朔太郎に電話を掛ける律子。彼女は亜紀から最後のカセットテープを託されていたのだった。全てを知った律子は空港へと向かっていた。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「あなたはあなたの今を生きて。」by 廣瀬亜紀

 これは亜紀が残した最後のメッセージの文末にある言葉。高校時代にこんな恋愛を体験した朔太郎は、このメッセージで今を生きようと再確認したんだろうね。強いな、女子は。追伸:高校2年の頃の夏休みを、もう一度体験してみたい。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 行定勲
 

【出演俳優】

 大沢たかお
 柴咲コウ
 長澤まさみ
 森山未來
 山崎努
 宮藤官九郎
 津田寛治
 高橋一生
 菅野莉央
 杉本哲太
 天海祐希
 木内みどり
 森田芳光
 田中美里
 渡辺美里
 古畑勝隆
 松田一沙
 内野謙太
 西原亜季
 宮崎将
 川口真理恵
 松本真衣香
 寺崎ゆか
 マギー
 中村方隆
 岡村洋一
 岡元夕紀子
 大森南朋
 野口雅弘
 尾野真千子
 市川しんぺー
 山崎えり
 浅野麻衣子
 飯塚園子
 堀北真希
 津村優月
 マーク・ソンダース
 マイケルロングボトム
 チャーリー・ブラウン
 近藤芳正
 草村礼子
 ダンディ坂野
 長野里美
 谷津勲
 高橋浩由
 横川昌美
 斎藤哲也
 小林麻耶
 樋口佳菜子
 鎌田忠雄
 本山良宗
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★世界の中心で、愛をさけぶ★【tudou】
★世界の中心で、愛をさけぶ★【tudou】
★世界の中心で、愛をさけぶ★【56.com】
★世界の中心で、愛をさけぶ★【acfun.cn】
★世界の中心で、愛をさけぶ★【①】【②】
★世界の中心で、愛をさけぶ★【good】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 【tudou】と【56.com】、【pandora】は、動画の冒頭に強制広告が入ることがあるけど、少し我慢してね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・さ行 恋愛映画・邦画

この記事に関連する記事一覧