【恋愛映画・邦画】『かぞくのくに』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・邦画】『かぞくのくに』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2012年に公開された日本映画。25年ぶりに北朝鮮から帰国した兄。家族、友人、恋人との交流を通し、日朝関係の現実を描いた佳作。主演は『百円の恋』の安藤サクラ、『ふしぎな岬の物語』の井浦新。監督は『ディア・ピョンヤン Dear Pyongyang』のヤン・ヨンヒ。本作は第85回アカデミー賞・外国語映画賞に出品された。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1974年。16歳の在日コリアン・ソンホ(井浦新)は、総連の幹部を務める父(津嘉山正種)に背中を押され、当時"理想郷"とされていた北朝鮮の帰国事業に参加するため、単身半島へと渡った。かの地で結婚し、子供にも恵まれたソンホだったが、日本への帰国は許されることはなかった。
 
 1997年、東京。脳腫瘍に冒されていたソンホは、治療のために一時帰国を許されていた。そんな彼を温かく迎え入れる父と母(宮崎美子)、そして日本で自由に育った妹のリエ(安藤サクラ)。しかし、兄の傍らには同士のヤン(ヤン・イクチュン)が監視役として帯同しており、かつての同級生ジュノ(村上淳)や、恋人だったスニ(京野ことみ)との再会にも心からの喜びを表現出来ずにいた。
 
 そんなある夜、ソンホは上層部からの指示に従い、リエを工作員に誘う。突然の勧誘に激怒するリエ。そのことを通し、兄はもう日本人ではないことを改めて実感する。そして、病理検査の結果、ソンホの治療は3ヶ月では済まないことが分かる。このまま滞在を延長させ、日本で治療を受けさせたいと願う両親は、総連関係者等に交渉する。ところが…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「おまえ、そういうの持っていろんな国へ行けよ。」by ソンホ

 スーツケース。北朝鮮に暮らすソンホにとっては自由を象徴するもの。自由を失った兄は、思う存分に自由を楽しめ!と妹に贈った言葉。愛に溢れた名言だ。暴走を続けるかの国に、ソンホのような人々がどれほど存在するのだろうか?いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 ヤン ヨンヒ
 

【出演俳優】

 安藤サクラ
 井浦新
 ヤン・イクチュン
 京野ことみ
 大森立嗣
 村上淳
 省吾
 塩田貞治
 鈴木晋介
 山田真歩
 井村空美
 吉岡睦雄
 玄覺悠子
 金守珍
 諏訪太朗
 宮崎美子
 津嘉山正種
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★かぞくのくに★【bilibili】
★かぞくのくに★【tudou】
★かぞくのくに★【zaixiandy】

 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 【tudou】の動画は最初に約90秒の強制広告が入るよ!ちょっとガマン我慢してね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・か行 恋愛映画・洋画

この記事に関連する記事一覧