【恋愛映画・洋画】『間奏曲はパリで』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・洋画】『間奏曲はパリで』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 『間奏曲はパリで』は、2013年に公開されたhランス映画。平凡な毎日を送っていた主婦。そんな彼女がひとりで訪れたパリで経験する初めてのアバンチュール!?マルク・フィトゥシ初監督のフレンチ・ラブロマンス。出演は、『8人の女たち』のイザベル・ユペールと、『ル・アーヴルの靴みがき』のジャン=ピエール・ダルッサン、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のミカエル・ニクヴィスト、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 ブリジット(イザベル・ユペール)とグザヴィエ(ジャン=ピエール・ダルッサン)は50歳を越えたごくありふれた平凡な夫婦。二人はノルマンディーの田舎町で農場を営みながら暮らしていた。
 
 農場の経営は順調であったが、子供たちがひとりだちしてからというもの、変わり映えのしない退屈な毎日が続いていた。お茶目なところがあるブリジットは、同じような日々に何か変化をもたらそうと、グザヴィエに、いろいろと変化を提案してみたものの、クソまじめな夫はまったくの無関心で、彼女の努力はいつも空回りをしていた。
 
 そんなある日、ブリジットは、パリからやってきた姪の友人のスタン(ピオ・マルマイ)と知り合う。25歳の魅力的な男性のスタンと過ごした楽しい時間は、彼女の心に火をつけることになる。
 
 やがて、何とも言えない胸の高鳴りを抑えることができなくなったブリジットは、これまで気になっていた湿疹を医者に診てもらうという理由をつけて、恋の都パリへとおひとり様で2泊3日の旅へと出かけることにした。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「怒ったり嫉妬したりするのは、結局、愛してる証拠なんだよ。」

 長く付き合っているカップルには、倦怠期がつきものだ。そんなとき、女子だってアバンチュールをしたくなるもの。彼女がよそ見をしていたことを知ったとき、思わず怒りがこみあげてくるものだ。しかし、男子たちよ!そんなときにこの言葉を思い出してみよう!それは、結局、彼女のことを愛している証拠なんだ。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 マルク・フィトゥシ
 

【出演俳優】

 イザベル・ユペール
 ジャン=ピエール・ダルッサン
 ミカエル・ニュークヴィスト
 ピオ・マルマイ
 マリナ・フォイス
 オドレイ・ダナ
 アナイス・ドゥムースティエ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★間奏曲はパリで★【speedvid】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 【speedvid】が「Error : Click here to reload」と表示される場合、リンクをクリックしてみてね!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・か行

この記事に関連する記事一覧