【恋愛映画・邦画】『いつか読書する日』の無料フル動画を見る方法!

恋愛力向上シアター|恋愛力を向上させるフル動画の無料・恋愛映画をおすすめランキングで紹介!

【恋愛映画・邦画】『いつか読書する日』の無料フル動画を見る方法!

 

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2005年に公開された日本映画。愛する想いを胸の奥に秘めながら、同じ町に暮らしてきた男と女。そして30年後、その思いが解き放たれて!?田中裕子と岸部一徳が魅せる、大人のラブストーリー。出演は仁科亜季子、渡辺美佐子、香川照之、鈴木砂羽、他。監督は『友だちと歩こう』、『独立少年合唱団』の緒方明。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 大場(田中裕子)、50歳独身。彼女は牛乳配達とスーパーで働き、夜は大好きな小説を読む。そんな静かで穏やかな日々を送っていた。そんな美奈子にも長年に渡り、想いを寄せている男性がいた。
 
 高梨槐多(岸部一徳)、50歳既婚。市役所の児童課に勤務しながら、帰宅後は末期癌を患い、余命宣告を受けている妻・容子(仁科亜季子)の看病をする日々が続いていた。
 
 そんな美奈子と槐多は、中学時代の恋人同士。しかし、親同士の不慮の事故をきっかけに、その不倫関係が世間に知られ、それを境に同じ町に暮らしながら疎遠になっていた。美奈子は30年を経ても、槐多への気持ちを胸に秘め、一人静かに暮らしているのだ。
 
 ある日、美奈子はラジオ番組に彼への想いを綴り、ハガキを投稿した。もちろん匿名によるものだったが、番組に採用されハガキが読まれることになった。ところが、偶然にその番組を聴いていた槐多の妻・容子は、美奈子の想いを知ってしまう。そして、配達用の牛乳箱に美奈子宛てのメモを残す。会って話がしたいと。やがて容子を訪ねた美奈子に対し、「夫もあなたを慕っている。私が死んだらあの人と一緒になって。それが最期の願い」と告げる。そして…!?
 
 
 

【ラブストーリーの名言】

「ずっと思ってきたこと、したい!」by 高梨槐多

 胸の奥に仕舞い込み、厳重に鍵をかけてきた、愛する人を想う気持ち。それが解放された時、男は子供のように自分の気持ちに正直になった。大人の台詞だね。そして、それに答えた美奈子の台詞は「全部して」。シビレルね。いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。
 
 


 
 

【監督】

 緒方明
 

【出演俳優】

 田中裕子
 岸部一徳
 仁科亜季子
 上田耕一
 杉本哲太
 鈴木砂羽
 香川照之
 渡辺美佐子
 左右田一平
 神津はづき
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★いつか読書する日★【bilibili】
★いつか読書する日★【tudou】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 【tudou】は冒頭で強制広告が入ることがあるよ!
 
 
 


 
 
 
 
 

 

タグ :   

恋愛映画・あ行 恋愛映画・邦画

この記事に関連する記事一覧